ブログトップ > 創作-空想動物 > ドラゴン

ドラゴン

写真 2015-10-20 22 56 57

創作:2015.10./おりゆーが
使用紙:機械漉き障子紙、150×150cm

先日の地区センターでの展示の目玉作品として創作したものです。



写真 2015-10-20 22 59 08

デカいなぁ。

使用したのは1.5メートル四方の紙です。
もちろん、自分でCMCのりで貼り合わせるとろから。。
完成品の足から翼の先までの高さは55cm…!

展示の目玉、やはり目玉作品は大きくないと!
ということで、既存の作品を眺めたときに、
大きく折って見栄えのするものがなく、
新たに何か創作しようと思いました。

題材は…
やはり、大きくて目立つといえばドラゴンでしょう!

とはいえ、僕はドラクエやモンハンなんかは
一切やったことがなく、ドラゴンと言われて
まず頭に浮かぶのは紙製のドラゴンばかり。。笑
画像検索へ直行。

写真 2015-10-20 23 05 35

ドラゴンは既に数え切れないほどの方々が創作していて、
その形を折り出すのはもちろん、自分らしさを出すのが
とても難しい題材です。

僕が小学6年の時に神谷哲史さんの
「エンシェントドラゴン」をはじめて折ってから、
何体も何体も作っているうちに
折り図を見なくても折れるようになってしまったほどなので、
創作する上で「エンシェントドラゴン」のことは
意識せざるを得ませんでした。
いい意味でも悪い意味でも。。。

写真 2015-10-20 23 02 32

やはり、似てしまいますね。。
特にこの尾なんか、影響受けすぎて。。

写真 2015-10-20 23 10 14

目を折り出したり、頭頂部が閉じるようにしたりと、
少しこだわった頭部です。
凶悪なドラゴンというより、どちらかというと
綺麗で優雅なイメージにしたかったので、
角はあまり多くはしませんでした。

頭部はあまり似ていませんが、どうしても
見たことあるような感じがしてしまいます。
一応、下調べはしてみましたが
パクリレベルで似ているものはなさそうなので
おそらく大丈夫でしょう。。


写真 2015-10-20 23 04 22

この大きめの翼もこだわりのひとつです。
生えてくる位置が少し後ろなのが残念なところ…


では、展開図。

Dragon.jpg

創作の時間が限られていたので整理しきれていなく、
まだ混沌としています。

典型的な鶴ドラゴンのカド配置ですが、
ヒダの仕込みなどで少し崩れています。

シロクマクリスマスツルー
パラサウロロフスなどで用いてきた
正方形の辺に沿ってヒダを入れる構造にしました。
これ自体は珍しいものではなく、割とメジャーな方法ですが
最近の作品で多く使っているこの構造を入れることで
自分らしいドラゴンになった気もします。

後ろ足にはヒダが入らないので、
カドをつぶして指を作ります。


時間ができたら、構造を整理しなおしてから
程よい大きさで作り直したいなぁ。


余談ですが、土台の岩らしき物体の中には
段ボールと試作品の残骸が詰まっています。
ドラゴン誕生のために犠牲になった紙たちは
生き残った者へ思いを託し、
その足元で静かに眠っています。
エコです。折りゴミの有効活用です。

関連記事

コメント

コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://orisawa108.blog.fc2.com/tb.php/69-11000b26

profile

有澤悠河 / Arisawa Yuga

Author:有澤悠河 / Arisawa Yuga
通称:ありさん
旧HN:おりゆーが
年齢:19歳
性別:男
住み:日本の真ん中付近
創作歴:7年くらい
有澤悠河

美濃手漉き和紙工房 Corsoyard

ありさんのTwitter

ありさんのFlickr

創作作品一覧 《My Works List》

category
entry
archive
link
all
formmail
お問い合わせ等は
こちらからどうぞ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メールは管理人へ直接送信されます。
copyright
ありさんの折り紙