ブログトップ > 創作-鳥類 > アヒル / Duck

アヒル / Duck

アヒル

「アヒル / Duck」
創作:2017.1. by Arisawa Yuga / 有澤悠河
用紙:機械漉き障子紙+民芸紙、14.5×14.5cm



ホイル紙の切れ端で即興折りしたものを
年末年始に整理したものです。

試作の写真がすべて残っているので
ズラッと並べてみます。

アヒル試作

第一号。即興で折ったものです。




アヒル試作

頭部の整理。
即興のものから若干比率を変えました。
頭も首も嘴も少し太めですが、
立体化を考えるとむしろ丁度良いように思ったので
このまま進めてみます。




アヒル試作

にぎやかですね。笑
左が二号、右ほど新しくなります。
体を模索しているところです。
翼と足を折り出しつつ、体のふっくら感や
お尻のぼってり感も出したいなぁと思いつつ。。
しかし、どうしてもうまくいかず(左の4つ)、
ふと第一号の即興を見てみると
シンプルで悪くないことに気がつきました。
ただ、ぐらい折り満載だったので
構造を保ちつつ整理したのが一番右の子です。




2016123123541687b.jpeg

さらに少し整理しつつ
試しに軽く仕上げてみました。
新年の記事にした子ですね。
お尻のぼってり感が気に入り、
まぁまぁ満足して、もう一羽折ったのが下の子。




アヒル試作

足が小さいのが急に気になりだしました。
一度そう見えてしまうと抜け出せない。
足ちいさい…!!!

と、ここで本物のアヒルと対面します。
(今回の創作はCorsoyardのラック君という明確なモデルがありました。年末年始は里帰りしていたのでしばらくぶりの再会をしたわけです。)
今まで感じていた妙な違和感の正体が分かりました。
背中の角度です。
これまでの試作は背中が水平でしたが
本物は首から尾にかけて緩やかに傾いていました。
ということでさらに改良。。




アヒル試作

だいぶスッキリしました(ホイル紙効果もあり…)。
足の領域も増え、背中の傾きも仕上げ方で改善出来ました。
この子の誕生により、展開図もかなり洗練されました。
気になるのは、足が少し前ぎみなところくらいかな、と思い
まともな紙でいったん折ってみることにしました。




アヒル

紙が厚くて苦戦しましたが、
足の位置も仕上げ方で修正できました。
この時点でかなり納得いくクオリティにはなりましたが
本物のラックと比べると決定的な弱点に気が付きました。
ずばり、翼の位置!
もっと上、もっと前なんですね。
確かに、肩の位置と考えるとかなり不自然です。

さっそく改良に取り掛かりましたが
まぁかなり難航しまして、
結局しっくりくる解を見つけられず。。
だいぶモチベーションも下がってしまったので、
また時間をあけて再挑戦するのもいいかなと思い
今回はここで終了です。




アヒル

展開図。
内部で干渉が起こるため、
正確には畳めません(たぶん)。
それと、翼の部分で22.5度が崩れています。

アヒル

展開図折りした時点で
基本のフォルムは出来上がりますが、
足やお尻はかなり仕上げに頼っています。
次回改良するときには
このへんもうまく解決できれば、と思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://orisawa108.blog.fc2.com/tb.php/95-e4a5080c

profile

有澤悠河 / Arisawa Yuga

Author:有澤悠河 / Arisawa Yuga
通称:ありさん
旧HN:おりゆーが
年齢:19歳
性別:男
住み:日本の真ん中付近
創作歴:7年くらい
有澤悠河

美濃手漉き和紙工房 Corsoyard

ありさんのTwitter

ありさんのFlickr

創作作品一覧 《My Works List》

category
entry
archive
link
all
formmail
お問い合わせ等は
こちらからどうぞ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メールは管理人へ直接送信されます。
copyright
ありさんの折り紙